メニューへ移動します。
ページ本文へ

知っテミル

イントロダクション

ソーシャルファームというモデルは、特に社会的に弱い立場におかれている人々にとって新しい「労働」の形であるとテミルは考えています。ソーシャルファームは施設でも一般企業でもない第三の働く環境なのです。ヨーロッパでは盛んなソーシャルファームですが、その成り立ちや日本における現状を少しお話したいと思います。

ソーシャルファームとは

ソーシャルエンタープライズとは社会的企業と呼ばれており、ビジネスの手法をもって社会的な目的を達成する企業です。ソーシャルファームはソーシャルエンタープライズの一種であり、特に障碍者や高齢者など社会的に不利な立場にある人々に対して、仕事を提供したり、援助付き雇用を行ったりといった、1つの働くスタイルであると言えます。その他、細かい定義は国によってまちまちですが、共通しているところは「将来的には助成金に頼らず運営ができること」、「生み出された利益は社会還元すること」、「地域住民のための事業が中心であること」などがあげられます。

ソーシャルファーム(イタリアでは、「ソーシャルコーポラティブ(社会的協同組合)」と呼ばれている)は、1970年ごろ北イタリアの精神病院で始まりました。当時、治療や入院が必要なくなったクライアントが地域に戻り仕事に就こうとしても、多くの差別や偏見でそれが叶えられることはほとんどありませんでした。「それでも働きたい」、そういう想いが1つになり、病院の職員とクライアント自身が一緒に企業を立ち上げるに至りました。自分たちの仕事は自分たちで生み出す、これがソーシャルファームの始まりです。このスタイルは1980年代にドイツ、イギリス、ギリシャ、フィンランドなど、ヨーロッパ各地に広がりました。

日本では、ソーシャルファームのような取り組みはいくつかなされていますが、知っている方が少ないといった状況です。2008年には炭谷茂先生が中心となってソーシャルファーム・ジャパンが立ち上がり、日本での拡充に向けて活動が行われています。




------------------------------------------------------------------------
■今後の更新予定(各国事例紹介)
・農事組合法人共働学舎新得農場